かぬまの真珠卵   白い黄身の卵

地元、鹿沼のお米を食べてます!!  真珠卵

http://jp.fotolia.com/id/26342230  © miiko
http://jp.fotolia.com/id/26342230 © miiko

卵といえば国内でほぼ100%生産していますが、エサは90%以上輸入で頼っています。鶏卵の国内自給率は10%ほどと言われています。 工業製品例えると海外から 部品を輸入し国内で組み立てだけするといったところです。  もしも輸入途絶えたらと考えると怖いですね。  

 国内自給率100%を超えているお米を少しエサに利用してみました。

 

鶏のエサの中で60%を占める輸入トウモロコシをお米に変えてみました。

 お米大好きな日本人は、お米を食べた鶏の卵は体に相性がよさそうです。

 真珠卵の鶏のエサは国内産を中心に与えています。
栃木県産の米、ムギ、ふすま、ぬか, 他に大豆、ごま、魚粉、かきがらなど自家ブレンドしています。

薬剤な添加剤など使用していませんので安心して召し上がれます。

かぬまの真珠卵  黄身の色は白??

http://jp.fotolia.com/id/12050199 © kelly marken
http://jp.fotolia.com/id/12050199 © kelly marken

卵の黄身の色ってどんな色にもなるんですよ!

濃いオレンジの卵黄に人気があり、薄い色の卵黄は栄養分が少なく味が薄いと誤解している人も少なくありません。黄身の色の濃淡は、とうもろこしやなどの鶏のエサ(飼料)の割合によって異なってくるものです。卵黄の色は、直接栄養価や味には関係ありません。 パプリカやトウガラシで色を濃くすると言われています。

エサに入れる色素で青でも黒にでも変えられるそうです。

お米をたくさん食べるとどうなるか?? 

想像できますよね。そうです白に近い薄いレモン色となります。

写真左はグリーンファームの自然卵です。右は真珠卵